上杉謙信のお膝元。新潟県上越市での真空管ギターアンプ、エレキギター、BASSのリペア・チューンナップはお任せください。


topix


★2月のリペア状況★

【アンプ関係】現在作業枠は予約分で終了しています。3月以降分はご相談受け付けます。

 【ギター関係】2月分は予約分で終了しました。

【その他】メール又は電話でのご相談受け付けますが、直ぐに返信できない場合もあります。

ご理解の程よろしくお願いしますm(__)m

 

2019/2/12  INDIANA-SOUNDS 大島


★現在のリペア状況★

1月枠は年末のご予約分で終了しています。又、降雪が予想される2月中旬までの間は、新規案件の対応はお断りする場合があります。ご理解の程よろしくお願いします。

2019/1/13 Indiana-sounds


 新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2019/1/1   indiana-sounds 大島


リペア、修理の概念は「楽しく嬉しいサウンドに復活する事」

修理やリペア依頼されるオーナー様は引き渡しの際に嬉しい表情をされます。

又遠方のオーナー様はメールや電話にてお礼を頂くことがあります。

暫く動作していなかった楽器やLIVE途中の事故等原因は様々ですがサウンドが蘇ることの嬉しさは何とも言い難いようです。

私自身リペアや修理をしまして、正常な状態に復活した時は正直喜び一杯です。

正常になった事と共に、その個体の持つトーンキャラクターに酔いしれます。

オーナー様と一緒に打合せをしまして、納得できる改善が出来た時が本当に何よりです。

例えばアンプも全ての機能を使いこなされているオーナー様は少ないです。

使わない機能が不良の場合は無理して修理せず、必要なリペアに集中する事もあります。

ギターも同様でパートが分かれているギターでは、ローコードしか使わない or ハイポジしか使わないといったプレイヤーも少なくありません。

 

それぞれのプレイヤーに合ったリペアでコストも下げられ、演奏性が向上すればそれに越したことはありません。

最初はそのサウンドと演奏性にニンマリしていても、メンテンナンスを怠りますとその表情は変化してきます。

 

サウンドの復活+プレイヤビティーの向上により「楽しく嬉しく感じられる!」を復活させることにより、初めて愛器に出会った感動をまた味わっていただきたいと願います。 INDIANA-SOUNDS